海外旅日記3(2日目:パリ)
海外旅日記の続き
前回の話はココをクリック

ユースホステルに着いた。ここは空いてた。良かった。
3泊予約する。3泊で350フラン。1泊2000円前後か。ユースホステルは確かに安い。

同室にはスペイン人の2人組。色々やりとりしたが、殆ど言葉が分からない。
旅を通じて思ったのが、英語だと何とかなる。
色々知ってる単語とかもあるし、言ってる事も完全ではないが、ある程度分かったりもする。
ホテルを予約したり、レストランで食べる位はぜんぜん余裕だ。

でも、スペイン語やフランス語だと、ほぼ全く分からない。この違いは大きい。
日本で学生時代に、長い時間かけて勉強した英語の授業は、全く無駄ではなかったのだ。

朝、スペイン人は日付を書いてたが、21/4/2001と書いてる。日本だと2001/4/21だ。これは実際の日付だ。
ちなみにこの旅日記は、旅行中に実際に付けてた日記を元にしてるので、細かい事も分かったりする。

今日はパリを旅行する事にした。
地下鉄に乗ったが、駅と駅の間隔が、めちゃくちゃ狭かったりする。
地下鉄のドアは、手動で開けれたりして、電車が完全に止まってなくても、飛び降りたりしてる。日本では考えられない。

また、改札もあったりなかったり。
改札は日本みたいに、自動でブロックするのがなかったり。または改札自体がなかったり。無賃乗車も簡単に出来そう。
実は無賃乗車は簡単だが、たまにチェックしてる時があって、その時、切符を持ってなかったら、罰金を取られるらしい。

色々観光スポットに行く。
凱旋門、シャンゼリゼ大通り、コンコルド広場、ルーブル美術館
ルーブル美術館は、とにかく広かった。

そして、夕方、ノートルダム寺院へ。
ノートルダム寺院など、教会みたいな施設の中で、高い天井を見上げるとなぜか心が落ち着く。
しばらく居ると、なんかミサのような儀式が始まって、出られなくなった。
儀式が終わった時に、みんな立ち上がって、周りの人とキスしたりしてる。
この時・・・俺の前に若い女性が居た。あ、もしかしてこの展開は!?
彼女は振り返ったが、なぜか握手だけだった。。。

色々な文化の違いに戸惑いながらも、まだ平和な旅2日目であった・・・(続く)

次回の話はココをクリック



ラインスタンプは↓画像クリック】
22.png27.pnghey2.pngtira2.pngQRcode_stamp.gif



【パズルの無料ゲーム(アンドロイド版)はコチラ↓↓↓】
icon.png くまぷ~揃えようくまぷ~揃えようをダウンロードする










スポンサーサイト
[2015/07/11 20:08] | 海外旅日記 | コメント(0) | page top
<<歌舞伎ネコ&歌舞伎犬 | ホーム | バイク どうでしょう?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |