スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
投げ釣り どうでしょう?
ラオウです。
投げ釣りは30年以上の趣味だが、
大人になってからの投げ釣りは、色々楽しめる。
投げ釣りは釣り界のスポーツだと言える。
まず、キャスティングで、遠くへ飛ばさないといけない。
小学生の頃は道具(釣り竿&リール)は買ってくるしかないのだが、
大人になると、竿を作るようになってくる。
つまり、カーボンのシートを巻くのはメーカーしか出来ないが、
巻いたもの(只のカーボンの棒)を入手し、ガイド(糸が通る部品)
を買ってきて、自分の理想のガイド位置に糸を巻いて取り付けて、
エポキシで固めて、自分のオリジナル竿を作るのだ。
考慮する項目は下記だ。
竿の長さ、ガイドの量、リールシートの位置、ガイドの材質、
竿の調子 等である。特に竿の長さとガイドの量は重要だ。
ガイドの数を増やすと、竿のポテンシャルを引き出しやすいが、
糸が通る摩擦が増える。(飛ばなくなる方向へいく)
リールシートの位置も重要だ。飛ばす為のフォームが色々あり、
(回転投法とか3/4投法とか)自分の投法、フォームに一番合う
リールシート位置を探る必要がある。ガイドの材質はなんと、
最終形はルビーなんかを使う。(天然石のルビーですよ。)
磨いたルビーは、摺動抵抗を抑えるからだ。
10年ぐらい前、私は投げる為だけに体を鍛えて、プロが200m飛ばす時、
175mぐらいまで、いったことがある。アマチュアでは、上位だが、
やはり、プロの壁はあつい。200mの内の25m、「たかが」と感じる方が、
多いかもしれないが、この世界に嵌った人間はこの25mの遠さが、
永遠に届かない長さに思えるだろう。遠くに飛ばす為の角度45度、
海で投げている時に必ず思い出すのが、
昔のアーケードゲームのハイパーオリンピックの幅飛び。
判るかな~判んないだろうな~。

ラインスタンプは↓画像クリック】
22.png27.pnghey2.pngtira2.pngQRcode_stamp.gif



【パズルの無料ゲーム(アンドロイド版)はコチラ↓↓↓】
icon.png くまぷ~揃えようくまぷ~揃えようをダウンロードする













スポンサーサイト
[2015/07/13 22:13] | 長兄 ラオウ 登場! | コメント(0) | page top
<<激ムズスマホゲーム くまぷ~揃えよう どうでしょう? | ホーム | 革細工 どうでしょう?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。